All Ways with You

どんな道でも いつも一緒に

API規格

API(エーピーアイ)規格とはAmerican Petroleum Institute(アメリカ石油協会)が定めた自動車用エンジンオイルの規格です。 酸化安定性、耐デポジット、防錆、耐腐食、耐磨耗、洗浄性、蒸発性、せん断安定性など多くの項目をクリアすることが求められます。

2020年5月、最新規格としてAPI SP規格が発効しました。省燃費性能が更に高められ、又API SN規格での課題でもあった、LSPI (Low Speed Pre-Iginition=低速早期着火)に対応。ダウンサイジング直噴ターボ車でも安心して使用できるようになりました。

この認証を受けたオイルのみが「ドーナツマーク」と呼ばれる認証マークを表示することができます。

※LSPI (Low Speed Pre-Ignition=低速早期着火)

小型直噴ターボエンジンでの低速走行時、LSPIと呼ばれる異常燃焼が発生するもの。最悪の場合はエンジンの破損につながるとされている現象。エンジンオイルに含まれるカルシウム分が原因とされていた。API SN Plus規格を経由して、今回のAPI SP規格で完全対応となった。

ILSAC規格

ILSAC(イルサック)規格とは、日米のカーメーカーによって設置された「International Lubricant Standardization and Approval Committee(国際潤滑油標準化認証委員会)」により定められた自動車用ガソリンエンジンオイルの規格です。
API規格に合格し、且つ省燃費性能に優れたオイルのみが認証を受けることができます。

2020年5月に新規格が発効され、2つの規格(GF-6A、GF-6B)に細分化されました。

●ILSAC GF-6A

これまでのGF-5を基にして省燃費性能などをより高めた規格。
SAE xW-20xW-30が対象となり、「スターバーストマーク」が表示されます。

●ILSAC GF-6B

今回新たに設定された新規格。
SAE xW-16が対象となり、これまでで最も厳しい省燃費性能が求められ、それをクリアした製品のみに「シールドマーク」と呼ばれる新たなシンボルマークが表示されます。

これらのマークが表示されているオイルは、日米カーメーカーに認められた、優れた省燃費性能を持つオイルといえます。



  • TM & © Copyright  ALPHA'S CO., LTD.  - All Rights Reserved -